今度は

GLAYのWayofを久しぶりに聴いた。

それなのにあなたに触れる日はいつも永遠を感じていたんだ

この歌詞が好きなんだ。

好きだった従兄弟の姪のYちゃん。

と言っても母と、母の兄との年齢差が20歳位あり、彼女のお父さんは母の甥であり幼なじみ。

Yちゃんの事が好きだったけど、告白は出来ずじまいだった。

8年以上は想ってたな。

自分が24歳の冬に、もう会うのはこれで最後にしようと決めた。

だからそれ以来会っていないんだけどね。

正直、彼女に会うのは怖い面もある。

彼女が原因で自殺一歩手前までいったからね。

またあの地獄を味わうかもしれないけど、多分今なら免疫が出来てて大丈夫だと思う。

だから避けて来たんだけど、今度の親戚の集まりがあったら思いきって行ってみようと思う。

前回は携帯を持っていなかったから、Yちゃんの電話番号もメアドも交換することが出来なかったからね。

このままYちゃんに会わずに人生を進める事は出来るけど、出来たらまた1回会って、電話番号とメアドまたはLINEのIDを交換したいな。

ちなみにYちゃんは4つ歳下です。

親戚の集まりに行くと多分男みたいな格好してるなとか思われてセクマイな人間である事がバレそうだから行かなかったんだ。

でも、もう親戚にどう思われてもいいや。

自分がそういう風に思われてたら思われてるでいい。

怖れてたらなんにも出来ん。

でも、どうやって彼女とコンタクトを取ればいいのかが問題なんだよね。

彼女のお父さんとはあまり話した事ないし、突然お父さんに電話するのも不自然だしな。

(母のガラケーに彼女のお父さんの電話番号が登録されているので)

というかYちゃん実家暮らしか、一人暮らしなのか知らないんだよね。

田舎も昔はお盆休みと年末年始を親戚と過ごしていたけれど、田舎で子供の頃みたいに親戚が集まるような事はなくなったし。

出来れば少人数で会えればいいんだけど。

でもYちゃんが参加するとは限らないんだよね。

Yちゃんはあの頃、自分の事をどう思ってたんだろう?

カッコいい!とか、クール!とかその他色、意味深な発言をしていたけど。

当時、自分はもう少し大きくなったら、Yちゃんと駆け落ちしようと考えた事もあった。

両思いだったらの前提だけどね。

もし両思いだとしても、誰かに祝福される事ってあるのかな?

彼女のお父さんは母の甥&幼なじみで、彼女と自分の体の性別は女同士。

禁断中の禁断て感じなんだけど。

でもね、人生楽しく生きてるよ()ノ

昔は悲しかったり、切なかったり、悲愴感が漂ってたけど、今は前向きも前向き!

考えようで悲しくも楽しくも生きれるんなら、楽しく生きた方が良い。

でもそれは、絶望を味わったから言える事なんだ。

広告を非表示にする