「オリエント急行殺人事件」

本年度第一弾映画。

アガサ・クリスティの名作を、イギリスの名優ケネス・ブラナーが監督・主演。

子供の頃、クリスティのフアンだった私ですが、詳細は綺麗に忘れて

あまりにも有名なこの作品を、ブラナーがどう作り上げたのかを楽しみに鑑賞。

ジョニー・デップミシェル・ファイファージュディ・デンチウィレム・デフォーなど絢爛豪華なオールキャスト。

オリエント急行の列車内でアメリカ人の富豪が殺される。

雪に閉ざされた山中で、外部からの犯人の侵入は不可能。

犯人は乗客の中の一人と思われるが、全員が他の誰かの証言によってアリバイが成立している。

そこに居合わせたエルキュール・ポワロは、この難題をどう解決するのか?

冒頭、エルサレム嘆きの壁が登場。

トランプ大統領の発言があった今、あまりにもタイムリーな場所に驚きましたが、

あれは観客へのサービスだったのかな。

その後出て来たイスタンブールの街並みといい、その中央駅からオリエント急行が発車するシーンといい、高級列車の室内の贅沢なしつらえといい、1930年代の華やかなファッションといい、

眼福というか、お正月映画にこれを選んでよかった!という感じ。

ただ…

容疑者の乗客は12人いるので、それぞれのキャラクターを描きこむのは無理だとは思いますが

それにしても表面的な描き方で、皆が没個性になっている。

しかもあの暴力やアクションは原作にはなかったと思うのだけど、必要なのか?

検死を務める医師は、黒人である必要があったのか?

灰色の頭脳を持つポアロは、暴力やアクションとはおよそ無縁な、

理屈っぽく知的な探偵だと思っていたのですが。

本来の頭脳ゲーム的な推理劇を、今のアメリカ風に味付けしたとしか思えない。

ちょっと残念。

家庭教師役のメアリ、何処かで見た顔だと思いながら、どうしても思い出せない。

スター・ウォーズのレイ役のデイジー・リドリーだったのですね。

(下の写真の左端の女性)

ベネチアであったか、オリエント急行を見たことがあります。

須賀敦子の短編「オリエント急行」も好きでした。

死ぬまでにいつかは乗ってみたいものです。

オリエント急行殺人事件 (Murder on the Orient Express)

http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie/