経済と波動エネルギー

いや〜、いよいよ冬本番というか、寒いですね〜。

わたしは九州に住んでいるのですが、南国九州とは言っても寒いものは寒い!(笑)

みなさま体調など崩されないよう、ご自愛ください!

さて、ここ最近のこのブログでは、やたらエネルギーエネルギー言うておりますが、

そのエネルギーとは何ぞや??

ですが、さきほどこの記事冒頭のあいさつを読んで、ほっこりしたり、丁寧なあいさつだなと思ったり、ふ〜んと読み流したり、いろいろな反応を皆さんされたと思いますが、

それがエネルギーを感じるということです!(笑)

人はただ文章を頭で理解しているのではなく、ハートでエネルギーを感じて受け止めているのです。

文章に乗ってるエネルギーを感じて、さまざまな反応をするわけですね。

こう理屈で、この文章は論理がどうのこうのとかいう反応の時は、だいたいハートで受け取ってないですね。頭で理解しようとしているわけです。

それで何の問題もないじゃん!理屈というか論理大事じゃん!

と言われるかもですが、わたしはやはりハートで受け止めた方がいいなと最近思い始めました。

以前は、エネルギーのことなんて何も知りませんでしたから、

頭で、正しいか正しくないかの判断をしていたのですが、

それじゃあ、いつまでたってもなにもわからないんですよね。。。

ハートが違和感を感じているのに、頭ではこれ正しいこと言ってるよなと判断してしまって、違和感抱えたまま、その正しい論理に従っちゃうんですよ

世の中見渡してみたら、この何か違和感があって言い返したいけど何も言い返せない正論がまかり通っていますよね(笑)

SNSなどを少しかじれば、一目瞭然です。

この正しいか正しくないかで物事を判断するのって、実はとっても危険で、

ちょっととんだ理屈になっちゃうんですけど、

わたしというものがいなくなっちゃうんですよ。

あるのは共通理念だけになっちゃうのです。これはおいおいこのブログでも書いていこうと思います

なんか難しい話になりましたが、ハートで受け取ってください(笑)

たとえば、経済のはなしひとつとっても、とっても強力な論理を展開している人にはわれわれは何も言い返せません。知識量が違いますし、専門的なことはとても難解です。

だからもう、いろいろな考えの派閥?ありますね。そういったものに別れて、

いつまでもあーじゃないこーじゃないとか議論を繰り返すのです。

で、けっきょくこの議論に勝つのは、というか、勝つためには、

これ。

権力に採用されるしかないのです。

ほら、お上が採用したのだから、俺たちは正しいのだ、というわけです。

権力ピラミッド構造の中で争っているだけなのです。

統計的な数字を持ち出す人もいるでしょう。

ほら、数字で結果が出ているのだから我の理論の正しさは証明されているだろう!と。

しかし、数字は結局どう数えるかの問題なので、幸せとは何も関係ないのです。

うん。で、

それで何の問題があるの?

これ、大問題なのですよ。奥さん

経済の政策がどんなに優れていたとしても、われわれが生活していて楽しくなっていなければ、何も意味がないのです。

そうではありませんか???

景気がよかろうと悪かろうと、われわれには実は全く関係がないのです。

格差社会や、雇用の問題、これらは経済の問題ではなく、

実は、はい。もうお分かりですね。

エネルギーの問題なのです。

こんなことを言うと、経済学者の皆さんからすれば、狂人のたわごと。いや、そこまでいかずとも、ただのスピリチュアルにハマったおかしな人扱いされて終わりです(笑)

そりゃそうです(笑)

こんなことまだほとんど人は知らないというか、知らされていませんし、教えてもらってもないですし、、、いや、ちがいますね。

これからみんながエネルギーのことを理解する時代がようやく始まったというべきですね!

いやあ、まあ、経済学者の皆さんの足を引っ張るつもりも批判するつもりもないのですが、その割には長言いましたが

どうですかねみなさん、豊かですか??(笑)

金、持ってますか???(笑)

持ってないですよね??決めつけ

けっこう貯金ある人も、不安じゃないですか?はっきり言って。

いまのこの国。政治。人生。

ね。

陰謀論ではありませんが、そう仕向けられているのですから当然です。

われわれに不安を持たせるために、あらゆるマスメディアが、全力で活動しているのです。

不安をあおって、エネルギーを吸い取るシステムになってるというのは、もうたしかこのブログでも言ってると思いますが、言うてないかもですが

みんなが幸せになったら、権力者は困るのです。注目してもらえなくなるから。

なにかというとすぐ政治家、総理大臣、みんな叩きますよね。支持している人もわずかにいますが(笑)

そうしてもらいたいから、いろいろな政策を実行しているのです。

本当は明日にでも世界を平和にできるのに、しないのです。

そっぽ向かれたくないから。

批判されても何でもいいのです。ね。どんなに叩かれても図しく権力の椅子に座ってるでしょう?政治家の皆さんたちは(笑)

それが、仕事なのです(笑)

民衆が、自分の人生を自分の手に取り戻してしまったら、なにもすることがなくなります。

権力の終焉です。

われわれが、えらい学者の人や、政治家、そういう権力や権威。

それらに頼ることなく自分で人生を選び始めたら、彼らは即用済みです。

だから、永久に何が正しいかで議論するのです!

答えが永久に出ないまま、ず〜っと、自分たちに民衆を導く使命があるかの如く、振舞うのです。

そうしないといけないと教育されてきたのです。

われわれ民衆もそうではありませんか?

彼らに従うのが、正しい生き方だと思ってますよね。

学校で習いましたよね?

学校で習うのは、ようするにこういうことです。

偉い人の言うことを聞け。

これしか習いません。

ルールを守れ。親や教師の言うことを聞け。決められた授業を受けろ。偉い人が決めたテストに合格しろ。

ですよね?これしかないのです。学校には。

自分で自分の人生を考え選ぶ。そんな発想どこにもないのです。

世の中のルールから外れたら、非常に困った人生を歩むことになる。

誰しも学校で習ったはずです。

世の中の正論なんぞ、その延長線上にしかないのです。

さきほどから経済のことに関することを言うてまいりましたが、

学校で教えられたことの延長線上ではこんな疑問持つことすら許されません。

そもそもお金は必要なのか???

こんな問い持ったとしても、そういう風に決められているのだからで終わりです。

そもそも誰もお金などいらないのだとは口が裂けても言えません。

だって、言ったら、経済の勉強が無駄になるし、権力がなくなるから(笑)

前回の記事でお金のいらない世界について考えてみましたが、

こんな楽しい物語に彼ら権力者が耳を貸すとは思えません。

権力者の中でもやさしい人が、いいお話ですね。そういう世界になったら素晴らしいですねとか言っておしまいです(笑)

本気で実行はしません。

もし、そんなことすると非常に危険ですし、頭がおかしくなったと思われるし、競争に負けるし、いいことは何もありません(笑)彼らにとっては。

しかし、お金は本来必要ではないのです。

ぶっちゃけ、人を支配するのに便利なだけ(笑)

ねえ、支配されてますよね、みなさん。お金に。

わたしもですよ(笑)

そういう風に仕掛けられているのだから、仕方がないのです。

仕組がわかれば簡単な話です。

これから徐に、みんなが気付いていくことでしょう。

そう考えると、わくわくしてきませんか?

バシャールなどが言う、ワクワクすることをしてくださいの実践です。(笑)

そういう自由なのんびりした世界に絶賛移行中なのです。

今年もいろいろあるでしょう。そして、明らかになってくると思います。

たのしみ〜。

このブログでもそういうところをどんどん追求していきたいと思います!!