2/12リトルワールドのキャラフェスの宴を前に。

おはようございます。更新はちょっと間が空きました。お久しぶりです。

カレンダー上の3連休を送っていますが、前週仕事での残業が多く、心身疲れ果て、前半の2日間は、平昌オリンピックのテレビ中継を見ながらバタンキューの完全休養でした。いくらか回復してきたので、今日212はちょっと外に出てみようとしています。

ところで、以下は、2上旬に愛知県〜岐阜県に向け用事があって車で走った際に、途上で通ったところです。と言いましても、このあたりの近隣民でもあり、見慣れた山間の田舎の風景ですが

ここは、トーテムポールの看板が立つ、愛知県犬山市にある、野外民族博物館リトルワールドに向けた、取り付け道路の入り口です。

話は横道に逸れますが、この野外民族博物館リトルワールドは、観光地の多い、愛知県犬山市内にあるテーマパークとして認知されていますが、敷地の一部は隣の岐阜県可児市内に跨って造られているちょっとしたトリビアも。

以下、撮影した道路についても愛知県内ですが、向かって画像左を徒歩2〜3分もしたら岐阜県になります。

以下、愛知県犬山市のマンホール。以前自身のブログでもアップしましたので詳細には記載しませんが、同市の観光資源として有名な、国宝犬山城、すぐそばの流域を流れる木曽川、そして夏季開催される木曽川鵜飼いをデザイン。

そして、以下岐阜県可児市のマンホール県営のバラ公園が知られており、市の花もバラだったかと思われ、それがデザインされています。この道路の先を走るとからすぐそこで見つけられます。

2県に跨ぐ、広い野外民族博物館リトルワールドの話に戻します。愛知や岐阜、あるいは東海近隣の方でしたら、行かれたこともある方もいるでしょうし、行かなくとも名前だけはご存知の方もいるでしょう

世界各地の家屋、民家、屋敷、等を野外で復元展示するなど、世界の民族文化を紹介するといったあたりがメインですが、その世界各地の民族衣装試着体験、海外グルメなどが食べられるといった企画、そして、冬はありませんが、穏やかな季節には、海外から招待したサーカスが開かれ、定番の集客イベントにもなっています。有料施設ですが、それなりに風光明媚な散歩にも適したところでもあります。

直感ですが、某民放テレビ局の長寿番組世界ふしぎ発見!を好んでご覧になられている方なら、このテーマパーク野外博物館に、相応興味を持っていただけるのかも?

そんなところではありますが、山奥の野外施設がメインのテーマパークでもあり、こと寒冷な冬季は、お客さんはそうそう訪れることもなく、閑散としているという印象が強いです。

また、このテーマパークができて約30年ちょっとの間には、施設への魅力のなさ、レジャーの多様化、景気の後退、などの要因で入場客減少で閉鎖の危機もありました。

この近隣の愛知県犬山市には、今人気を誇る国宝犬山城と城下町、国の文化財を多く持つ博物館明治村

そして京都大学の霊長類研究所を持つ猿の動物園、日本モンキーセンター、隣接遊園地である日本モンキーパークといった、そこそこの知名度のある施設に比べると、やはりこちらのリトルワールドは、知名度的にパッとしない感が否めません。

しかし、自分にとってはこのリトルワールド、個人的には過去約30年来、たくさんの思い出もあり、最も愛着度の高い犬山の施設といっても過言ではなく、今も陰ながら、応援しているテーマパークです。より突っ込んだ話もありますが、もし機会がありましたら、後日アメンバー限定記事にでもしたためたいと思います。

アメンバー読者さまにつきましても、以下に過去記事リンクを貼っておきますが、条件満たして下さっていれば大歓迎いたしますので、どうか、お気軽に申請どうぞ。

4/25今後のスカイツリーブログの進め方について思いとお願い

さて、先日、リトルワールドの入り口看板を撮影してきたのですが、実は、今日212は、カレンダー上の休日にも関わらず、貸切休館の文字がよって、一般入場希望者が直接訪れても中には入れないはずです。

かわりに、今回212の貸切休館日には、以下のイベントがこのリトルワールドで開催されます。

その名は、ご当地キャラクターフェスティバルinINUYAMA略して、ご当地キャラフェスin愛知犬山なのでしょうか。以下のポスター画は公式サイトからお借りしました

愛知県の北の果ての山奥、寒冷地、かつ交通不便なテーマパーク野外博物館で、おそらく初の大規模なご当地キャライベント、うまくいくのか、懸念の目線を送っていることは事実ですが、折角の機会ですし、近隣地に住む者のアドバンテージを活かし、今回前売りチケットを購入し、本日に備えています。

当日券の取り扱いはないとの、主催者側のアナウンスでしたので、いきなりチケットなしで行かれてもかと思います

もちろん、遠路各地から、この愛知犬山の地に来ていただけるキャラさん観覧される皆様、それぞれを歓迎し、楽しみにしていますが、中でも、自分は、限りなくミーハーでもあり、久しぶりにライブで降臨する予定のふなっしーを楽しみにしています!自分にとっては、約4年ぶり2回目になろうかと。以下は実際に、2014年3月、岐阜市のショッピングモールの屋外イベントで観覧し撮ってきたもの

先にも記しましたが、自分にとっては思い出がいっぱいの、リトルワールドで開かれる、稀有のキャラフェス、本当に感慨深いです。

ただこと県都名古屋方面からの公共交通機関での接近ルートとしては、名鉄名古屋駅からの電車乗り換えの路線バス、あるいは、隣接する名鉄バスセンターから発着する、東濃鉄道中央道高速バスくらいしか思いつかず、かつ本数が少ないですし、一方で、車で来られても、コースによっては、付近の一部県道が路面凍結等で、通行止になっている可能性があり、ご苦労されるかもしれません。

そして、近隣は若干降雪もしています。十分な防寒にて気を付けてお越しいただき、同志の皆さまと楽しい1日を送りたいなあと思います。

あとワタシを見つけたら声をかけてくださいませと言っても、ネットの向こうの方を知らないので言い換えますと、ご縁がもしありましたら、このブログのコメもしくは、個別メッセでも笑